メニュー

肝臓の病気(肝炎・肝臓がんなど)

肝臓肝臓の病気は、肝炎、肝硬変、肝臓がん等があります。糖分や脂質の取り過ぎ、アルコールの過剰摂取、ウイルスの侵入などで、肝臓に異常をきたすために起こる病気が多くあります。

肝炎

肝炎は、肝臓に炎症がおこり、無症状の事もありますが、発熱や黄疸、全身の倦怠感等の症状をきたすばあいもあります。

日本では約8割の肝炎がウイルス性と言われていますが、治療法の発達により減少傾向にあります。感染経路については、経口感染、血液感染、性行為感染等様々で、ウイルスの型(A型、B型、C型、E型)によって主な感染経路の違いがあります。

肝炎が持続すると、肝硬変や肝臓がんといった深刻な症状になる場合があります。早めの検査により治療することができますので、当院にご相談ください。

肝硬変

肝硬変とは、持続的な肝炎により肝細胞が死滅・減少することによって肝臓が硬く変化し、機能が著しく減衰する病気です。

肝臓は『沈黙の臓器』と言われるように我慢強い臓器で、初期の症状はほとんどありません。肝硬変が進行すると、食欲不振や、疲れやすさを生じ、さらに重篤化すると、黄疸が出たり腹水が溜まったり、吐血、意識障害に陥ることがあります。

血液検査や、CTや超音波検査などの画像診断で診断することができます。

一度死滅して、硬く変化した細胞は元に戻らないため、早期に病気の進行を防ぐ必要があります。早めに当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME