メニュー

胃・十二指腸の病気(胃潰瘍・胃がんなど)

胃や十二指腸の病気で多いのは、胃酸やピロリ菌等によって粘膜が傷つけられて起こる胃潰瘍・十二指腸潰瘍です。その他に、胃がん・十二指腸がんなどがあります。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃酸やピロリ菌、食物、薬物、飲酒、喫煙等で胃や十二指腸の粘膜が傷つけられて起こる病気です。

症状として、胃の痛みや胸やけ、お腹の張った感じがあります。内視鏡や消化管造影検査等で検査をして病気が確認されたら、薬物などによる治療を行います。

胃がん・十二指腸がん

胃や十二指腸にできるがんを指します。アジア圏では、とくに胃がんの発生率が高いと言われています。また、初期の自覚症状がほとんどないため、初期での発見は難しいと言われています。進行してくると、腹痛、吐き気、食欲減退、嘔吐の症状が現れます。

胃がんはヘリコパクター・ピロリ菌との関連があり、ピロリ菌がいる慢性胃炎の方は飲み薬による除菌治療が推奨されています。除菌により胃がんのリスクは1/3に減りますが、ピロリ菌に感染したことがない人と比べると10倍胃がんになりやすいため、除菌治療後も定期的な内視鏡検査がおすすめです。

十二指腸がんは少ない病気ですが、たちの悪いがんの一つです。内視鏡検査により診断することができます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME