メニュー

超音波検査

エコー検査とは

高い周波数の超音波を腹部にあて、各種臓器の状態を調べる検査です。当クリニックでは、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓、胃や腸、膀胱、前立腺、血管の様子を観察し、診断することができます。

検査はX線やCTなどと違い被爆がなく、妊婦さんや胎児にも安心して受けていただける安全な検査です。短時間で多くの情報をリアルタイムに得ることができるので、非常に有効な検査です。

健康診断などで腹部を調べる際の基本的な検査として用いられ、広範な部位にわたり検査できる使い勝手のよい検査といえますが、肺や骨などに遮られる部分は観察できません。

検査を行う医師や技師の技量によるところが大きいことがデメリットとして挙げられますが、当クリニックでは経験豊富な医師が検査を行いますのでご安心ください。

腹部のエコー検査の場合、より詳しい情報が得られるよう、検査当日は絶食でお越しください。

 

検査にかかる時間

10分~20分(検査内容により時間は変わります)

 

検査方法

きれいな画像が得られるように、検査用のゼリーを観察する部位に塗ってプローブ(探触子)を当てて観察します。

 

エコー検査でわかる病気

胃・腸管から肝臓、腎臓、膵臓、胆嚢、脾臓など各臓器の腫瘍性の病気、脂肪肝、胆嚢ポリープ、胆石、腎のう胞、腎結石、尿管・膀胱結石、前立腺肥大、子宮筋腫、卵巣のう腫、動脈硬化などがわかります。病変の大きさ・形・血流についても情報が得られます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME